ICTCO

生活者のユーザー・イノベーションのための100万円コンテスト


    【目的】 老若男女、普通の生活者が考える、「こんなものがあったら嬉しい」、「こんなことで困っています」というアイデアを広く募集します。3D-プリンターを使ったアイデアを発掘(Digging)するフェスティバルです。皆さまが考える、「こんなものがあったらオモシロい」、「こんなモノの修理に困っている」などというアイデアを募集します。良いアイディアを持っていても、実際に起業するのは大変です。また反対にアイディアを持っている人が起業に向いているとも限りません。そこでアイディア段階から起業までを支援する「ICTCO起業支援プログラム」を昨年からスタートしました。

     2016年の第2回は『クイック&ダーティー・プロトタイピング』と称し、皆様からの3Dプリンターの“将来性"と“困っている"というアイディアをジャンル問わず広く募集を致します。Quick and Dirtyプロトタイプとして3Dプリントし、繰り返す事でアイディアを洗練しプロトタイプを造ることと事業化(起業)することの両方を支援します。
    今から数年で個人でも3Dプリンターを持つ時代になります。インターネットに3Dデータをアップすれば、世界中で一斉に 3Dプリントできる夢の時代が来ます。1時間で3Dプリントできる部品は、世界で10億人がプリントすれば、1時間で10億個のプロダクト生産ができる時代が来るのです。第2回のテーマは日常生活の中で様々な困りごとを解決するために3Dプリンターを活用するアイディアを募集します。例えば製造終了した壊れてしまった部品家電を3Dプリンターで再生する、1品物の装飾品を3Dプリントするなど様々考えられます。ビジネスに繋がるアイディアを優先的に採択しますが、3Dプリンターに少しでも関係あるアイディアならどんどん応募してください。

    [ 募集対象 ]
    3Dプリンターに関連したアイディアを広く募集します。ジャンルは工業用3Dプリンター、パーソナル3Dプリンター、金属3Dプリンターなど種類は問わず、3Dプリンターに少しでも関わるビジネスのアイディアであればOKです。
    例えば、  @ こんな使い方ができると、人々の生活が便利になり、生活が楽しくなるアイディア A 3Dプリンターを使った人々が集まるビジネス・アイディア B 3Dプリンターを使ってこれまでに無いこんなサービス・アイディア
    基本は最後にビジネスに育つアイディアです。ビジネスまでの道のりのアイディアであれば良いですが、「これは面白い」というものでもOKです。
    2016/08/12